新着記事

2005年12月19日

電脳龍と愉快な仲間たち

どうも『サイバー・ドラゴン』は性に合わない。
確かに強いよ。こいつに負けたことは何度もある。でも、こいつで勝ったことは一度たりともない。大概は初手に何枚も来て腐ったり死デッキで落ちたりするだけ。
サイドラって事故の元なんじゃね?
そもそも、どうしてもサイドラが必要な場面なんてあるのかな?
例えば、相手の場に同族がいて他はなし、お互い手札なしとかいう場面でサイドラを引けばそりゃおいしい。でも、冷静になってみればその場面は別にサイドラじゃなくてもいい。ゴリラやカイクウでもいいし、もっと言えばゴブ突やらジャイアント・オークでもこと足りるわけだ。

やっぱりサイドラとそれらのモンスターは特殊召喚できるかできないかという点が違い、特殊召喚できることがサイドラの最大の強みだけど、特殊召喚できておいしいってどういう時なんだろ?ガジェとの兼ね合いならまぁ納得。それ以外だと『特殊召喚できる』というメリットよりもむしろ『モンスターを1体生け贄に捧げなければ通常召喚できない』というデメリットの方が強く感じられる。
戦闘以外での破壊に耐性を持つ『ヴァンパイア・ロード』の処理もサイドラの仕事のひとつだけど、それも何もサイドラじゃなくちゃいけない理由がない。

あとはカオソとの関係。光属性も長所だよね。


以上の点を考えて、サイドラと似た役割をこなせるモンスターを考えると次のようなものが考えられる。
名前とサイドラと比較すべき要素をあげてみる。

『ゴブリン突撃部隊』
・条件なしで通常召喚ができる(+)
・相手の『サイバー・ドラゴン』を一方的に戦闘破壊できる(+)
・『月読命』に破壊される(−)
・地属性(±)
・戦士族(±)
・レベル4(±)
・攻撃後守備表示になる(守備力0)(±)
・その他

『不屈闘士レイレイ』よりはこっちかな?利点が少ないので『増援』がないと微妙。あれば一考の価値あり。


『ジャイアント・オーク』
・条件なしで通常召喚できる(+)
・相手の『サイバー・ドラゴン』を一方的に戦闘破壊できる(+)
・『魔のデッキ破壊ウイルス』の生け贄にできる(+)
・『月読命』に破壊される(−)
・闇属性(±)
・悪魔族(±)
・レベル4(±)
・攻撃後守備表示になる(守備力0)(±)
・その他

魔デッキがいろいろ役に立ちそうなのが良い。魔デッキがないなら他のカードの方が良さそう。


『ゴブリンエリート部隊』
・条件なしで通常召喚できる(+)
・相手の『サイバー・ドラゴン』を一方的に戦闘破壊できる(+)
・地属性(±)
・悪魔族(±)
・レベル4(±)
・攻撃後守備表示になる(守備力1500)(±)
・その他

カオソも増援も魔デッキも入っていないデッキにはこちらオススメ。守備力が1500あるので相手はそれなりに強力なカードを1枚使わざるをえない。


『サイバー・ドラゴン』が流行っている今、サイドラを倒せるこのサイズの下級モンスターは割と活躍してくれるはず。何も考えずにとりあえずサイドラを積んでいる場合は、この辺のカードも少し考えてみるといいと思う。
『死のデッキ破壊ウイルス』が恐い?元々サイドラが入ってた場所なら問題ないでしょ♪
posted by デューク at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私もサイバードラゴン苦手で、最近デッキに積んでないです。強制転移入れてる場合とか、『サイバー→リクルーター→強制転移→送ったリクルーターにサイバーでパンチ』ってのが美味しいこともあるが…
 ゴブリンエリート部隊デッキに積もうと思ったら、全部実家においてきちゃったよorz
Posted by 犬 at 2005年12月20日 12:36
いざってときには役に立つし、相手に罠で除去られてもさらにモンスターをセットできるのだけが優秀。
まあ、特殊召喚が強いんだわな
俺もよく腐るけど、腐るのは得てして押しているときとか、硬直しているときなんで気にしない…
まずいときに役に立てられれば、死ににくいデッキにはなりそうですよね。

MPTなんかにはこいつよりもトリッキーが採用されていたりする…
Posted by 夢珠 at 2005年12月20日 14:42
生け贄召喚できるってのは時としてメリットになるんだよね
強奪したモンスターを生け贄にしたりとか、自分から反転したセイマジを消したりとか…
無理矢理貪欲やカオソの餌を作ることもできるし

環境を牽引するモンスターであることは確かですよね
Posted by 来夢 at 2005年12月20日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック