新着記事
人気記事

    2009年08月29日

    【雑記】次の半年をどう戦うのか

     
    この間カーキンの大会後に麻雀やった。

    実力ではみことんに勝てる気せんけど、結果的には勝ったらしい。
    半荘2回ってリアルでやるとあんなに長いのな
    つか60000とか70000なんて点はじめて見たんだが…


    ■次の半年をどう戦うのか
    来月から新しい制限が適用されます。
    環境も変われば戦い方も変わる。
    どうすんのかちょっと考えてみた。

    まず、使用デッキを考える時にどうするのか。

    デッキ選びで一番大事なのは周りの環境ですよね。

    今のところ強い強い言われてるのはライロ、墓地BF、アンデとかその辺?
    まぁこの辺使っておけばそこそこ勝てますよね。無難と言うか何と言うか…
    でも、そこ考えてても次には進まないわけで。
    それらが流行ると仮定した場合、何がどう変わるのか。ここが大切。

    まず今期と比べて墓地依存度が高くなる。これがはっきり見えます。
    《D.D.クロウ》なり次元なりが対策として採用される可能性は高いということになります。
    で、そうなるとどういうことが起こるかと言うと、他の墓地依存系デッキが"ついでにメタられてしまう"ことになりますね。
    先日使った庭猫なんかも墓地依存度が割と高いので、かなり厳しいかと思われます。

    ただ、新環境になってから大会が何回かないと実際の環境は見えません。
    蓋を開けてみたら誰もライロとか墓地BFとか使ってないかも知れません。
    つか、一般プレイヤーはともかく、本当のトップのプレイヤーはその辺のデッキは使わないでしょう。
    トップのプレイヤーは常に1手2手先を行ってるでしょうからねー


    もうひとつ、継続デッキの存在ですね。
    前環境のデッキを形を少し変えて継続して使うというもの。
    今期のデッキと言えば、猫。ですね。
    猫パーツの多くは制限になりましたが、デッキにしようと思えばなる感じです。
    ただし、これはあまり有効な手段ではないことが多いです。
    デッキはナマモノなので、旬を過ぎればそれなりです。
    流行デッキは対策も知れ渡るし、規制もかかる。これで前環境と同じだけの活躍をしろというのが無理な話です。
    しかし少なからず継続デッキを使うプレイヤーはいますので、度外視はできないんだろうなーって感じです。


    今のところ考えることはこんなとこですねー
    で、使いたいカードを使うって感じです。
    まぁ今回はゲームスピードが極端に落ちるので、その辺から大きな変化の可能性は感じていますけど、遅いデッキで環境見ずに組めるデッキなんてあるとは思えないので、あんまり気にはしないかなぁ。
    早くなるんだと早めに考えなきゃいけないけど、遅くなる分にはね…
    しばらくすると環境が定まってくるので、それを見極めてまた身の振り方を考えるっていうのがいつもの流れです。
    メタ系のデッキなんかはある程度環境が定まらないと組みようがないので、ちょっと遅れて参戦する形になりますよねー


    まぁ俺はどういう環境になったらここをこうしようくらいは考えてやってれば、あとはある程度流れに身を任せておけば…っていう考え方です。
    乗っかることは乗っかる、突っぱねるところは突っぱねる。
    その中でうまく取捨選択ができるかどうかがカギだと思いますね。
    要するに周り見て正しく判断できればそれでおkってことなんじゃないですかね。


    ちなみに俺は使うデッキ少しは考えてますけど、まだふわっとしてます。
    新型デュークロード(笑)が案外頼りなかったのがなぁ…


    おわし

    にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
    にほんブログ村
    posted by デューク at 02:45| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    剣闘もなかなか強いよ

    とはいっても、次元に頼らざるおえないのは仕方ないんだろうけど…。
    Posted by 脇田 at 2009年08月29日 20:03
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック