新着記事

2014年07月06日

【大会】公認(7/5)

 
トーナメントパックが今月から新しくなり、ついに我等が《雷帝ザボルグ》さんの登場ですよ!!


開催店舗:コミかる桐生店(スタンダードデュエル)
参加人数:3人
大会形式:トーナメント
使用デッキ:シャドール

■1回戦(対光天使シャドール)

お互いに戦略考察時間やテキスト・ルール確認で時間かかりまくって1デュエル目が終わった時点で時間切れ。
《クリバンデット》で《ソウル・チャージ》を握られて困った。
でも対戦相手見てて思ったけど、やっぱりソルチャは使うの難しそう。
それにしても光天使の性能やばい。

■2回戦(対シャドール)
○○
1デュエル目は互いに制限カードの《終末の騎士》さんを初手に引き込んで好スタート。
その後こちらは《マスマティシャン》がいい感じに動き、最後は空いたところに《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を叩きつけて勝ち。
2デュエル目はこちら動けるカードなくやむを得ず《ライトロード・マジシャン ライラ》を召喚。
エンドフェイズ効果を発動するも《マスマティシャン》ばかり落ちて状況悪化。
そうこうしているうちに相手は動くので割と取り返しがつかない状況に。
さらに相手の《氷結界の龍 トリシューラ》で手札も場も墓地も枯らされ窮地に陥る。
諦めかけたところでトップ《影依融合》から可能性が見える。
次ターンドロー《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》という引き厨ぶりを発揮し、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》のカードパワーだけで巻き返し、相手の返し手をこれまたトップの《D.D.クロウ》で封じて勝ち。
久々に遊戯王の神様が味方したデュエルでした。

■結果

○○

優勝。


なんか知らない間に《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》が強くなってました。
当然引かなきゃ意味ないのは前と一緒ですが、最近のデッキだとデッキの動きの邪魔になっていた印象しかなかったんですよね。
【シャドール】では《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を序盤で引いても、戦う上で特に支障はないのでそのデメリットは少ないのかなと思いました。
デュエルが以前よりも長くなる傾向にあるので、《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を引ける可能性が高いのもいいですね。
今回の大会の決まり手はほぼ《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》でした(笑)

今回のデッキは日本代表選考会東日本会場の上位者のレシピを見て自分が使いやすいようにいじったものですが、比較的手になじむ感じでしたね。
爆発力を求めるなら光天使を混ぜるのはありだと思いました。
ただ、個人的に《ソウル・チャージ》は現状では使いこなせる気がしないので、様子を見ながら採用していこうと思います。

デッキレシピは次の記事で。


おわし

にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村
posted by デューク at 11:30| 栃木 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック