新着記事

2014年09月03日

【ポケモンカード】GB2カード収集の旅

 
こんにちは。
夏休まだ1日しか取ってないデュークです。

さて、前回に引き続き、ポケモンカードGB2の話題。

伝説のカード99枚チャレンジを終え、99枚の伝説のカードを持った状態でグランドマスターに挑むとどうなるかという検証をしました。
結果は「何もない」でした。
特にイベントやセリフが用意されているわけでもないし、手持ちの伝説のカードが0枚になってしまう等のおもしろ現象もなし。
リュウドーがいつものように「伝説のカードを渡そう」っつってあたかももらったかのような演出があって終わり。ちょっとがっかりな結果でしたね。


そんなわけで、現在はカードを集めるために各地のトレーナーをしこたま叩いて回っています。
ストーンクラブマスター・ゲンゾウから第一弾を巻き上げる作業中なんですが、こいつに挑むにあたり、さすがに闘が弱点のプクリンでは厳しいということで、伝説のサンダーを使ったデッキに切り替えました。


■以下レシピ

<ポケモンのカード/1枚>
1《サンダー Lv68》(GB)

<トレーナーカード/44枚>
4《いいきずぐすり》
4《エネルギー・リムーブ》
4《エネルギー転送》
4《オーキドはかせ》
4《ダウジングマシーン》
4《たたきつけろ!挑戦状》
4《超エネルギーリムーブ》
4《なんでもなおし》
4《パソコン通信》
4《まきちらせ!ベトベトガス》
4《マサキ》

<エネルギーカード/15枚>
15《雷エネルギー》


■以下コメ
これまた割とメジャーな伝説のサンダーを使ったデッキ。
最初は《メタモン Lv19》の「ずっとへんしん」というワザを使ったデッキを考えたんですが、メタモンも闘弱点でプクリンをやめた意味がないのでこちらの形に。

このデッキはポケモンのカードが1枚しか入っていないかなり怪しい構築になっています。
手札の引き直しを繰り返すので、ゲーム開始が遅いのが難点です。

ゲームが始まったら毎ターンサンダーにエネルギーをつけ続け、3つ以上たまったらサンダーが大暴れしてゲームが終わるというもの。

《サンダー Lv68》
HP100 タイプ:雷
特殊能力:カミングサンダー
 この力は、このカードを手札から場に出したとき、1度だけ使える。(対戦の初めに場に出したときには、使えない。)
 このカード以外の、場にいる全てのポケモンの中から1匹に、「弱点・抵抗力」に関係なく、30ダメージ。
 ダメージを受けるポケモンは、自動的に選ばれる。
ワザ1:雷雷雷 ビッグサンダー
 場にいる全てのポケモンのうち、このカード以外の1匹に、「弱点・抵抗力」に関係なく、70ダメージ。
 ダメージを受けるポケモンは、自動的に選ばれる。
逃げる:2 弱点:なし 抵抗力:闘

このゲームでもっとも高いカードパワーを誇るといわれるカード。
特殊能力・ワザともにランダムで選ばれたポケモンにダメージを与えるもの。
どちらも強力ですが、「ビッグサンダー」は《バリヤード Lv28》の特殊能力「なぞのかべ」(30以上のワザのダメージを受けない)や《フリーザー Lv34》の特殊能力「オーロラヴェール」(バトル場にいる限りベンチのポケモンはワザのダメージを受けない)に弱いです。
このデッキではポケモンがこれ1枚なので「カミングサンダー」を使う機会はありません。

《まきちらせ!ベトベトガス》
 次の相手の版が終わるまで、すべてのポケモンは特殊能力を使うことができずその力も消える。

これが、上記のバリヤードやフリーザーへの回答です。
他に《突風》等も考えられますが、一時凌ぎにしかならず、バリヤード単体の状況に対応できないので、こちらを採用しました。
前作、ポケモンカードGBでは、このカードは収録されておりませんので、《突風》や《ポケモンの笛》で対応する必要があります。


こんなんでした。


今、チャレンジカップ開催待ってるんですが、ストーリークリアしないと開催されないんですかね…?

あと、Mr.イシハラがなかなかカード交換してくれないんですが、これ何でフラグ立つのかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければありがたいです。


おわし


にほんブログ村 ゲームブログ カードゲームへ
にほんブログ村
posted by デューク at 08:50| 栃木 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモンカード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャレンジカップってビルリッチをボコすと開催された気がする
Posted by 来夢 at 2014年09月07日 10:31
やっぱクリア後か・・・
Posted by デューク at 2014年09月07日 10:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック