新着記事

2015年06月07日

【デッキ】クリフォート(H27.6.7)

 
平成27年6月7日(日)にコミかる桐生店にて開催された公認大会(スタンダードデュエル)で優勝した際に使用した優勝デッキのデッキレシピです。


【クリフォート】

<メインデッキ/40枚>
[モンスター/19枚]
2《クリフォート・エイリアス》
1《クリフォート・シェル》
3《クリフォート・ディスク》
3《クリフォート・アーカイブ》
3《クリフォート・ゲノム》
2《クリフォート・アセンブラ》
2《クリフォート・ツール》
3《エフェクト・ヴェーラー》

[魔法/9枚]
1《ブラック・ホール》
1《ハーピィの羽根帚》
1《機殻の生贄》
3《召喚師のスキル》
3《揺れる眼差し》

[罠/12枚]
1《虚無空間》
1《神の警告》
1《神の宣告》
3《強制脱出装置》
3《一回休み》
3《スキルドレイン》


<エクストラデッキ/15枚>
[エクシーズモンスター/15枚]
1《迅雷の騎士ガイアドラグーン》
1《星輝士 セイクリッド・ダイヤ》
1《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》
1《セイクリッド・プレアデス》
1《No.61 ヴォルカザウルス》
1《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》
1《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》
1《星輝士 デルタテロス》
1《No.39 希望皇ホープ》
1《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》
1《鳥銃士カステル》
1《励輝士 ヴェルズビュート》
1《深淵に潜む者》
1《星守の騎士 プトレマイオス》
1《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》

<サイドデッキ/15枚>
[モンスター/3枚]
3《D.D.クロウ》

[魔法/3枚]
3《サイクロン》

[罠/9枚]
3《激流葬》
3《ダイヤモンド・ダスト》
3《ソウルドレイン》


こんなん。

以前との大きな違いは《揺れる眼差し》ですかね。

ハッピーセット
@《揺れる眼差し》
A《クリフォート・ディスク》or《クリフォート・エイリアス》or《クリフォート・シェル》
B《クリフォート・ツール》orPモンスター×2

1、《クリフォート・ツール》があればPゾーンに置いて、P効果で《クリフォート・アーカイブ》か《クリフォート・ゲノム》をサーチ。もう片方のPゾーンに置く。《クリフォート・ツール》がなければ適当なPモンスターを2枚Pゾーンに置く。
2、《揺れる眼差し》を発動。2枚のPゾーンのカードを破壊し、相手に500ダメージ+デッキから《クリフォート・ツール》をサーチ。
3、サーチしてきた《クリフォート・ツール》をPゾーンに置き、P効果で《クリフォート・アセンブラ》をサーチ。《クリフォート・アセンブラ》をもう片方のPゾーンに置く。
4、2で《揺れる眼差し》で破壊した2枚のモンスターをP召喚。それをリリースしてAのモンスターをアドバンス召喚。
5、エンドフェイズに《クリフォート・アセンブラ》の効果で2ドローできる!うまい!テーレッテレー

Aが《クリフォート・エイリアス》だったらここまでする必要ない気もしますが、《クリフォート・ディスク》か《クリフォート・シェル》なら結構なアドバンテージが稼げます。
揃える順番が前後してあとからAのモンスターをサーチしてくるなら《クリフォート・ディスク》一択です。

言っても《クリフォート・アセンブラ》のドロー効果がエンドフェイズなんで、そこで罠カードをドローしたところで遅いんですが、《エフェクト・ヴェーラー》3積みしてるんでがんばって引きましょう。
Bが《クリフォート・ツール》じゃなければ《クリフォート・ツール》消費1枚でいける。その方が強いですね。

《揺れる眼差し》採用してから《機殻の生贄》いらねえんじゃねえかって思ったこともありました。
以前のクリフォートは《クリフォート・アーカイブ》とか妥協召喚して《機殻の生贄》装備しとけば強いみたいなデッキでしたけど、今それやっても全然強くないんですよね。
《機殻の生贄》は相手の《ハーピィの羽根帚》に対して後続の《クリフォート・ツール》を回収してケアするくらいしか役に立たないっす。HEROの前には何の役にも立たない。たまに相手が《ライオウ》とか立てて来たら処理するのに役に立つかも知れないけど、それ別にクリフォートのP効果でどうにでもなるんじゃね?

今んとこ《機殻の生贄》の必要性をまったく感じてませんが、とりあえず制限カードだから入れてる感。
抜いて《クリフォート・シェル》増やした方が強いんじゃねえのか…
それか息切れ防止用の《隠されし機殻》とかね。

この形にしてからクリフォートミラーとかはやったことがないんですが、恐らく相手がPゾーンにカード置くデッキだったら《揺れる眼差し》の叩きつけ合いでしょうね。


まー最近不調でいろいろ考えてましたけど、結局論理的に考えればクリフォートが最善の選択だと思います。
攻守ともに秀でています。たまに事故るけど、他のデッキに比べればいくらかマシかな?

問題は《ハーピィの羽根帚》を引かれた場合と《スキルドレイン》《一回休み》を引けない場合なんですよ。

《ハーピィの羽根帚》を引かれるとほぼ壊滅ですからね。カバーするためのカードとして採用に堪えうるのは、押し込みにも使える《魔宮の賄賂》なんですけど、《魔宮の賄賂》でさえ腐って死ぬからね。それ以外のカードは論外。《スターライト・ロード》とか《宮廷のしきたり》とかマジで無理。
結局《ハーピィの羽根帚》カバーするカードを採用しようとするとデッキパワーが極端に落ちるから、ちょっと…って結論なんですよね。《ハーピィの羽根帚》を初手に引かれる確率がどんなもんかわかりませんが、その部分についてはもう捨てるしかないかなって思うんです。
汎用カードで明確な弱点と言えるのは《ハーピィの羽根帚》1枚ですから、それ以外の対応幅の広さを考えれば他のデッキよりはいいんじゃないかなぁ。

あと永続罠引けない場合ですよ。こんなもん場スッカスカだからすぐ殺されますよ。
こればっかりはどうにならない。3+3入ってるんだから引けって話。

クリフォートはワンチャンマン向けのデッキじゃないですよね。
俺が昔から好むデッキの性質に近いです。
爆発力はなくてもコンスタントに戦えるデッキと言えると思います。

7月制限改定で死なないことを祈るよ…


おわし


にほんブログ村 ゲームブログ 遊戯王(カードゲーム)へ
にほんブログ村
posted by デューク at 18:21| 栃木 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デッキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック