新着記事

2018年05月11日

【デュエルリンクス】第28回ランク戦デュエルキング到達

 
こんばんは!デュークです!


第28回ランク戦、GWがあったおかげでいつもより早めにデュエルキング到達しました!
4連勝からの負けを何度も繰り返しての昇格。正直5連勝は運ゲーだと思います。

H30.5.10 デュエルキング到達.jpg


では、デッキ紹介いきましょう。


【森羅】

H30.5.10 森羅.jpg

デッキスキル:〔リスタート〕

〈メインデッキ/20枚〉
[モンスター/15枚]
2《クリボール》
3《森羅の影胞子 ストール》(S加工1)
3《薔薇恋人》
1《森羅の仙樹 レギア》(S加工)
1《にん人》
3《森羅の水先 リーフ》
2《森羅の番人 オーク》(S加工2)

[魔法/4枚]
2《コズミック・サイクロン》
2《禁じられた聖杯》(S加工1)

[罠/1枚]
1《狡猾な落とし穴》


〈エクストラデッキ/5枚〉
[融合モンスター/5枚]
3《メテオ・ブラック・ドラゴン》
1《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》
1《双頭の雷龍》(P加工)


■以下米
前回の【森羅】から少し形を変えてみました。
【森羅】は慣れてくるとだんだんとそれぞれのカードの評価が変わってきますね。

2《クリボール》
M・HEROへのささやかな抵抗。
《M・HERO 闇鬼》とか《局所的ハリケーン》とか、なんで許されると思ったんかほんと問いただしたい。
正直このデッキにはミスマッチなカードですが、やむを得ず採用しました。

3《森羅の影胞子 ストール》(S加工1)
【森羅】の初動を支えるカード。
めくった時の効果は正直オマケ程度に考えていた方がいいです。

3《薔薇恋人》
このデッキのメインギミックは《薔薇恋人》効果での《森羅の仙樹 レギア》《森羅の番人 オーク》の特殊召喚だと思います。
使い始めた当初は《森羅の影胞子 ストール》《森羅の水先 リーフ》のめくった時の効果を主軸に考えていましたが、本当に強いのはそこじゃないと気が付いたら結構使うのが楽になりました。
まぁ結局《森羅の仙樹 レギア》《森羅の番人 オーク》で《森羅の影胞子 ストール》《森羅の水先 リーフ》をめくっていくんですけどね笑

1《森羅の仙樹 レギア》(S加工)
2枚採用か1枚かで常に揺れています。
ドローはしたいんです。でも3枚めくれる《森羅の番人 オーク》を優先しちゃいますよね。
《森羅の番人 オーク》なら1体リリースでアドバンス召喚できますし。
ただ、サイズ感を求める場面もあるので、やはり欠かせないのではないでしょうかね?

1《にん人》
まぁ1killパーツですよね笑

3《森羅の水先 リーフ》
めくりたいですよね〜
自身の召喚時効果は2枚しかめくれないのでほぼ期待してません。
ミラーマッチの後攻だと初動がこれになる可能性も高いですが、《禁じられた聖杯》を採用したのでそこまでこだわる必要もなくなりました。
何気に攻撃力1500が役に立つことが多いです。

2《森羅の番人 オーク》(S加工2)
《薔薇恋人》効果での特殊召喚だけでなく、1体リリースアドバンス召喚も狙っていけます。
3枚めくれるのは強いですが、自身効果でアドは稼げません。
攻撃力2400もいささか心許ないですが、めくられた時の効果が何気に強力だったりするので、複数採用しました。

2《コズミック・サイクロン》
最近は強烈な永続罠1枚を叩き付けるデッキが割と増えているので、それに対する回答として。
対【ギアギア】等でエンドサイクする場面も結構あります。

2《禁じられた聖杯》(S加工1)
主にミラーマッチで活躍。
《神の摂理》もいいけど私はこちらに落ち着きましたね。
《狡猾な落とし穴》採用のためにも罠より速攻魔法の方が都合良いですし。

1《狡猾な落とし穴》
単純に、フリータイミング・破壊・アドが取れる等、これまでのデュエルリンクスになかった次元のスペックを誇る罠カード。
これは使うよね。


エクストラデッキは飾りなので、なんでもいいです。


こんな感じ。
坊主めくりうまいのはもちろん良いことですが、「所詮坊主めくり」で思考止まったらこのデッキは使いこなせない。


では!


おわし



にほんブログ村
posted by デューク at 01:21| 栃木 ☀| Comment(0) | デュエルリンクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]