新着記事
人気記事

    2019年09月19日

    【デュエルリンクス】カウンター堕天使(KCカップ-2019 Sep.-2ndStage使用)

     
    こんにちは、デュークです。


    だんだんと涼しく過ごしやすい季節になってきましたね。
    デュークさんは夏季休暇消化がギリギリのラインです!


    皆さん、KCカップお疲れ様でした。
    私は最終日の最後の6、7時間くらいだけ結構がんばって参加しましたが、全体ランキングは1000位に届きませんでした。
    今回のKCカップは上位層の日本エリアからの参加者の割合がかなり多かったように思いますが、どういうことなんでしょうね?

    2019.9.17 KC結果1.jpg 2019.9.17 KC結果2.jpg

    遊戯王運営にはかつてOCG次元で何をとち狂ったのか選考会予選を勝率制にして不正イカサマだらけにした実績があるわけですが、ほぼイカサマのしようがないリンクス次元ではなぜか頑なに勝率制を採用しようとしないというね。
    ほとんどイカサマのしようがなく、時間さえあれば無限に対戦ができる(OCGの公認大会のように物理的な対戦回数の限界が設定されていない)デュエルリンクスこそ、格差是正のために、最低対戦数を設けるか対象となる対戦数を固定にして勝率で競えば良いと思うのですがね?

    いずれにしても私個人には関係のないことですが。
    相変わらず的が外れているなーと。
    このせいでどちらの世界も、本来もっと活躍できるはずだったプレイヤーが埋もれてしまうんですよね。
    OCG次元の方がはるかにひどかったですけどね。


    まぁつまらない話はさておき、今回は特別実績のあるデッキではありませんが、先日まで開催されていたKCカップ-2019 Sep.-の2ndStageで使用したデッキを紹介したいと思います。
    なかなかの変態構築なので、素人にはオススメできない笑


    【カウンター堕天使】

    2019.9.19 カウンター堕天使.jpg

    デッキスキル:〔粉砕!〕

    <メインデッキ/20枚>
    [モンスター/7枚]
    3《堕天使イシュタム》
    1《堕天使ディザイア》
    1《堕天使スペルビア》
    1《堕天使マスティマ》
    1《堕天使テスカトリポカ》

    [魔法/6枚]
    3《堕天使の追放》
    3《堕天使の戒壇》

    [罠/7枚]
    2《神属の堕天使》
    3《輪廻のパーシアス》
    2(《見切りの極意》)


    ■動画



    動画はKCカップ本戦のものではありません。
    KCカップ本戦終了後、ランク戦で収録したものです。
    ちょっとイレギュラーな展開ですが、この方が通常の【粉砕堕天使】との違いがわかりやすいかなと。

    基本的な戦い方は【粉砕堕天使】と同じです。
    KCカップ-2019 Sep.-2ndStage終盤で《透破抜き》や《輪廻のパーシアス》が流行ったんですよね。
    で、カウンター罠にはカウンター罠かなと思って調整してみました。
    当初は《見切りの極意》の枠に《神の摂理》を入れていたんですが、この2枚の枠は環境によって流動的に変化すると思うので、カウンター罠であればなんでもいいです。ただ、《透破抜き》よりは《見切りの極意》の方がいいと俺は思う。
    KC本戦中は《キャッシュバック》だったんじゃないかな!!

    あと《輪廻のパーシアス》について。


    《輪廻のパーシアス/Rebirth of Parshath》
    カウンター罠
    @:モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、手札のカウンター罠カード1枚を相手に見せ、手札を1枚捨て、1000LPを払って発動できる。
    その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
    その後、デッキ・EXデッキから「パーシアス」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。


    ・対応範囲が広い。
    ・コストは重いけどリターンもでかい。
    ・ハンド1ディスは【堕天使】にとってはメリットにもなるし、《神聖騎士パーシアス》が特殊召喚できるからアド損もしない。
    ・《神聖騎士パーシアス》はメインデッキの枠を使わないから構築に影響しないし、元々【堕天使】のEXデッキは全枠空いていたのでちょうどいい。
    ・他にカウンター罠を手札に持っておかないといけないのがネックだけど、《堕天使イシュタム》の効果で手札入れ替えができることを考えれば、他のデッキよりは採用しやすい気がする。
    ・いわゆる「出張」の類なので、カテゴリカードをとりあえずぶち込んだだけのデッキを使うよりカードゲームしてる感がある。
    ・ライフ管理がシビアすぎるけど、逆に《神属の堕天使》で回復できるから相性が良いとも言える。


    こんな感じですかね。


    もうすでに次のストラクチャーデッキの情報が出てきていて、早くも【堕天使】は環境から消えるかも知れない等と噂されているようですね。
    まぁ環境が変われば変わったなりに戦うだけですよね。
    ここまで来たらもうパワーカードのオンパレードになるのは仕方ない。
    ただ花札衛みたいな寒いのだけは二度と出さないでほしい。
    ソリティアを好き好んでやってる方はいいかも知れないけど、こっちは他人のソリティアを眺めるためにデュエルリンクスを開いてないです。
    昔からOCG次元でもソリティアソリティア言われていたデッキとか時期とかありましたけど、花札衛に関してはそういう比喩的なことじゃなくてガチのソリティアですからね…


    じゃ、こんなところで。

    次も俺の得意な環境でありますよ〜に!


    おわし




    チャンネル登録お願いします!


    にほんブログ村

    遊戯王ランキング


    posted by デューク at 16:47| 栃木 ☀| Comment(0) | デュエルリンクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]