新着記事
人気記事

    2007年07月24日

    ドローしたい年頃

    <メインデッキ/40枚>

    <モンスター/19枚>
    1 光神機−轟龍
    1 混沌の黒魔術師
    3 光と闇の竜
    1 D−HERO Bloo−D
    1 冥府の使者ゴーズ
    2 創世の預言者
    1 E・HERO エアーマン
    3 D−HERO ダイヤモンドガイ
    2 D−HERO ドゥームガイ
    1 マシュマロン
    1 D−HERO ディスクガイ
    1 魂を削る死霊
    1 黄泉ガエル

    <魔法/17枚>
    1 貪欲な壺
    1 大嵐
    1 強奪
    1 早すぎた埋葬
    2 増援
    1 クロス・ソウル
    1 二重魔法
    2 おろかな埋葬
    2 洗脳−ブレインコントロール
    2 トレード・イン
    3 デステニー・ドロー

    <罠/4枚>
    1 死のデッキ破壊ウイルス
    1 和睦の使者
    2 威嚇する咆哮

    <サイドデッキ/15枚>
    2 死霊騎士デスカリバー・ナイト
    3 ハイドロゲドン
    2 E・HERO ワイルドマン
    1 クリッター
    1 N・グラン・モール
    1 押収
    1 ライトニング・ボルテックス
    1 収縮
    3 王宮のお触れ

    <融合デッキ/0枚>


    先日じらいやの非公認で使用したデッキ。

    家を出る直前まで迷っていて結局どっちつかずな構成になってしまいました。
    特にサイドは意味不明ですねw

    最初はDドローとトレードイン両方をフルに積んでダイヤモンドしたいって思って組み始めたんですが、いろいろ試行錯誤した結果ディスクライダーに毛が生えた程度のものになるというひどい話。

    メインはおろかサイドにすらサイクロン等が入っていないのは仕様です。
    メインはなるべく通常魔法を多くしたかったので、サイクロンを採用するならサイドだったんですが、時間ギリギリでテンパっていたせいで対ロックや対スキドレを忘れたままサイクロンいーやって抜いちゃいましたw
    で、1回戦でスキドレと当たって超焦りましたよwww
    その代わり決勝の高等デミス相手にはメインに入っていた威嚇が役に立ちました。何がどう幸いし災いするかわからんもんですね。

    そして今回のびっくりカードは二重魔法!
    手札から魔法カードを1枚捨てることで発動できる通常魔法で、相手の墓地の魔法カード1枚を使うことができます。
    実際にこのカードを使ったのはたったの1回(手札から発動)ですが、その時は活躍したと言える感じでした。
    おろかな埋葬や腐っているトレードインを捨てればコストもさほど気にならず、強奪等の強力な魔法をいただくことができるので、まあまあ使えるカードではあるはずです。もともとハンドアドバンテージがもういいよってくらい取れるデッキですしね。
    ダイヤモンドガイでめくれたら一番いいんですが、さすがに1積みじゃそううまくはいかんもんです。
    つかダイヤモンドガイの効果でモンスターばっかめくってた気がするw

    もう少し練っていきたいのですが、新しいデッキが組みたくなってしまったらたぶんそちらに流れてしまうと思います。


    おわし


    posted by デューク at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | デッキ(OCG) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック