新着記事
人気記事

    2007年09月15日

    フヒ…フヒヒヒヒヒwwww

    試験明日…!
    英語勉強してない…!
    生物なんて高一以来やってない…!(大学で生物学受けたけどずっと寝てた…!)
    数学はまだ気合いでなんとかなる気もする…!
    地理…は元々ダメだからまぁ仕方ない…!
    物理…は記憶が蘇ればそれなりに戦える…!
    国語系…勘…!
    化学も古い記憶でなんとかするしかない…!
    歴史系は一応少し見直したからあとは気合い…!

    あれ?これほとんど勘とか気合いとかで乗り切るしかなくね?

    う〜ん…


    やっほー\(^o^)/オワタよw


    まぁ一般常識ってくらいだから問題文読んで常識的に考えれば多少答えは見えるでしょ。
    こういうのは日本語の問題だって言うし。
    ぶっつけでやる気合いとか勘とかは昔から鍛えてきたつもりだぜ!要するにノー勉で生きてきたってことだ!
    大学受験はさすがに無理だったけどね!HAHAHAHAHAHA!!

    これを読んでる小中学生はちゃんと家勉できるようにしとけ。マジで死ぬぜ?
    ノー勉で切り抜けられるのはせいぜい高校までだ!
    俺の分までがんばってくれ!

    俺は明日死の宣告を受けてくるぜ…!


    おわし
    posted by デューク at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    私は商業高校なのに簿記の時間寝まくりで平気で20点とか取ってますww商業高校と言えど情報処理科なので、情報処理は常にテストの点数もいいですし成績は全部5ですけどね。
    Posted by Bloo・D・NOVA at 2007年09月16日 00:33
    この歳になってようやくわかることは、大事なのは問題が解けることじゃなく、わからないことをわかるようにするための努力をすることだということですね。
    これは奇麗事とか負け犬論じゃなく現実問題として、歳を取るにつれて努力が必須になってきて、フィーリングではやっていけなくなるんですね。

    元々自力である程度問題を解けちゃう人はその努力の練習をする機会を逃してしまうので、後々苦労したり負け組コースを辿ったりすることが多いと思われます。怠け癖つきますしね。

    子供の頃ろくに努力もせずに中途半端に学校の成績がいいのは不幸だと思いますね。
    そういう子供を誉めてはいけませんよ、ほんと。
    Posted by デューク at 2007年09月16日 01:30
    デュー君の言う通りで御座います( ̄∀ ̄)
    Posted by ドモホルンリンクル at 2007年09月16日 08:58
    そういう子供でした\(^o^)/

    勉強します。
    Posted by 青波 at 2007年09月16日 11:35
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]


    この記事へのトラックバック